FC2ブログ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレマチス成長し続けてるよ

2014–05–05 (Mon) 11:09
うちのベランダは今花盛り。

ただ部屋が高層な為強風が吹くから植物をやれるのも、ほんの一部の場所に限られる。
それに薬品の散布は出来ないから(階下に迷惑なので)なるべく病気に強い品種に限られる。

クマ子のいただいたクレマチス、大きくなったわ。
なんとなく複雑な心境だけどね。

クレマチスの鶴は風に弱いのと真夏の直射日光は厳しいようなので、バラと絡めるのはやめて、風と真夏の直射日光を避けられる壁側へ網を貼り、そこへつるを這わせてます。

が・・・、どうもこれって真っ直ぐ這わせてるとめちゃくちゃ伸びるだけ伸びて、花芽がつかないっぽいなぁ・・・。
近所で咲いてるクレマチスのどれを見てもみな、輪っかのついた支柱にグルグル撒きつきながら沢山花を着けてるもん。
うちのクレマチスのつるは私の身長を越えた。
ただただ真っ直ぐ天井へ向けて走ってる。

なんだか間違ったみたいだね。
なので、ゆるゆるつるを外しながら横へ這わし、更にUターンさせて花芽がつくようにの小細工してます。

P1000385.jpg

で、この画像がベランダの手すり側。
なかなか賑やか。

コーナーの部分には異常に育ちまくったピエールドゥロンサールが山ほどの蕾をつけて、もう咲く手前かな。
やはり植物を育てるには多分4階くらいまでかもね。
風が酷くて風の通り道になってた場所に置いていたナイトオウル(バラ)は葉も枝も着いた花もボロボロになってる。
 
なんとなく今年は強風が吹く日が多かった気がする。
下界(地上)でのそよ風はうちでは強風ですわ・・・。
この厳しい環境下で育てちゃっててごめん(植物へ)!
P1000386.jpg

で・・・、私のブログにズリネタ探しに来てる輩たちよ。
そんな暇があったら社会奉仕でもしに行け!

私のお店『NIRVANA』のリニューアルサイトはこちら




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ポチして入場!私の応援よろしく。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

やってしまった…(・´ェ`・;)ゞ

2014–03–29 (Sat) 20:44
春の訪れと共にうちのベランダの植物さん達は新たな芽をつけ新芽をどんどん伸ばし、早咲きのものは花をつけ、私をワクワクさせてくれている。
が・・・、数年ベランダを賑わせてくれてたつるバラのスイートドリームは病気に弱い品種だったので、去年お別れしてかわりにカクテルという品種のバラを買った。

ん~~~・・・、病気されると周囲の植物にも移るし、黒点病にしろうどん粉病にしろ薬品を散布すれば軽減できるんだけど私の部屋は7階で薬品散布などしようもんなら、下の階から周辺の家々へ飛ぶでしょう。
洗濯物も干してるところだってあるしねぇ・・・。

そんな理由から育てれないと決意し別れたんだけども・・・、かわりに買ったカクテルは成長が遅いし(なんでだろう・・・)、やはりスイートドリームのような色合いで香りの強くて美しいバラが欲しいな~~なんて。

午前中ホームセンターで処分品価格で売っていたクレマチスがずっと気になってて、それもあって完全『魔が差した!』パターンで、このレディエマハミルトン(バラの名前)をネットでポチしてしまった彡(-ω-;)彡。



レディエマハミルトン


もう植物は増やさないと硬く心に決めていたのに、ちょっとだけ悩んでポチしちゃったもんなぁ~~~(*´・x・`)ゞ)))
後悔しながらもでも何故か植物に囲まれてると安心するし、物凄く癒されるのね。
植物だけじゃなく動物もね。
※ホームセンターでは熱帯魚に魔が差しそうだったけど・・・(苦笑

体の調子が悪いとき、例えば肩凝りが酷くて頭痛がしてたとすると、ベランダの植物に水撒いてたり剪定や落ち葉を掃いて集めたりなんてしてると、痛みが消えてるんだよ。
これは結構驚いた。

精神的なものが大きいというのを実感する。
無意識なのにねぇ。

なんとも植物には不思議な力を貰ってます。
見ていても触っていても元気になる。
というか、体の中がクリーンになる そんな感じ。

この毒と穢れまるけのアタイがだよ(笑、除染されるんだな、これが(笑。
www 私の存在自体が有害物質よ!

よし!今年も四季咲きのバラさん達と沢山の植物さん達にしっかり除染してもらうわ!
きっと来年にはアタイも良い子になれるわ、間違いなしよ(笑!


私のお店『NIRVANA』のリニューアルサイトはこちら




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ポチして入場!私の応援よろしく

蘭科の植物

2014–03–11 (Tue) 13:00


お誕生日に頂いたお花がこんなにきれいに咲いてます。
送り主が私が蘭科の植物が好きと知ってか、デンドロビュームが届きました。

蘭科の植物でも木に寄生して育つタイプの物が好きで、木に張り付いて木と共存している姿がなんとも心を和ませる。
植物が土から栄養を取って育つという概念を逸して木に根を貼り、空気中にある水分やスコールで水分を摂取するこの仕組みがまたまた私にささやかな感動をもたらす。

木一本にしても昆虫や小動物に鳥・寄生する植物などで一つの生態系が出来ている。
この自然の中の当たり前な事に大きな喜びを持つ。

このデンドロビュームの茎は太い。
これは水分を蓄えるバルブというもの。

こうやって雨量や湿度の低い時期を乗り越えるための装備が備わっている。
それに私は感動する。
小さい頃から何度かデンドロビュームが私の部屋にはある。
このバルブと鉢から稀に飛び出してくるグロテスクな形をした根っこが大好きで。

P1000356[1]

根っこというと、やはり胡蝶蘭の根っこ!
コイツが大好き。
グロテスクさは群を抜いている。
2~3年に一度鉢替え(中のミズゴケも替える)の時に古い根はいくつか切り捨てるが、新しい蜂に替えてもあちこちから生えてくる根は鉢を飛び出し、素焼きの植木鉢に張り付いてくる。
その生命力の強さと形(むき出しで形状はまたグロイ)、萌えるね(苦笑。

この胡蝶蘭はうちのマンションに住んでいた人から貰った物。
それも彼女はお花好きでいろいろ育てていたんだけど、どういう訳か胡蝶蘭は苦手で「私、胡蝶蘭は死なせてしまうから、あなただったら育てられるでしょ?貰って。」と言われ、死に掛けの胡蝶蘭の株3個を貰ったけど、2個は時既に遅し・・・他界しました。
助けれたのはこの子だけです。

が、見事花の枝を3本も着け、今つぼみはグングン大きく成長し、これだけ咲いてます。
たいしたもんだ、この胡蝶蘭。

胡蝶蘭も他の植物も特別な事は何もしてない。
最低限必要な事しかしてないのに、みんな不思議とグングン成長し花を咲かせる。



2014031100450000[1]


植物は人の『陰』を吸って成長するなんて説を聞いたことがあるけど、本当かしら。
根拠はあるのだろうか?
根拠の有無は置いておいたとし、この説が意外にも当たっているのなら、私から出る陰のボリュームが大きいということになる。

う~~~ん、嬉しくないから根拠のない話は前面否定で行きましょう(苦笑 。



私のお店『NIRVANA』のリニューアルサイトはこちら




↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ポチして入場!私の応援よろしく。


蓮の実

2012–09–09 (Sun) 19:37
今日は思いつきで出かけた。
で、走行中道路脇に蓮の実が出来ているのを発見。

これが欲しかった♪。

P1000686.jpg


2~3年前に寺の境内で蓮に立派な実がいっぱいなってるのを見つけ、何個か頂いて来た。
が、蒔くにもデカイ睡蓮鉢が要るし、蒔くのを考えてたところ、玄関に置いてあった睡蓮の実は全てうちのニャンコ達のネコパンチを食らって何処かに行ってしまった。

で、また実を頂いてきたけど・・・
こんなの蒔くに蒔けないわねぇ。
睡蓮鉢+土+水=・・・・・・・、何キロになるん?

今 マンション住いだし、当分蒔くところないわね。

何故か小さい頃から蓮が大好きだ。

蓮の花托(かたく)から茎を通り行き着く先はレンコンだと頭では分かっているけど、出来れば御伽の国であって欲しい。

P1000687.jpg

この不思議な形。
揺すると心がムズムズする音を出す。
近いのが宮崎駿監督『もののけ姫』に出てくる『木霊』の首を揺する音。
沢山の木霊ちゃんが大木でいっせいに首を揺するその音に近い。

このぷっくりと成長した実の入った花托、ちょい宝物だわ♪。

完全に間違ったバラの挿し木の仕方

2012–09–02 (Sun) 13:45
私の住むマンションで近々大規模修繕が行われる予定なので、私がせっせと育てた植物の殆どの枝を落とし、鉢を移動することになってる。

そんな事を知人にはなしていたら、バラを分けて欲しいとのお話があったので、挿し木にチャレンジしてみようと思ってやってみた。

が、かなり行動が思いつきだったので、やり方を完全に間違ってる・・・。

正しいバラの挿し木は先端部分は捨てるらしい。
こんな感じに・・・。
※画像は他所様のを拝借しました
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
cutting3.jpg

で、私がやった挿し木
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
P1000679.jpg

完全に間違ってんじゃん!
適当ハニーもええとこじゃん!
おまけに鉢の受け皿の下にチラ見えしてるカゴも怪しいwww。

ダメだ、やり直しだな・・・。


ちなみにこの挿し木してるバラの名前は『ピエール ドゥ ロンサール』。
花はこんな感じです。
※この画像も他所様のを拝借

kokkaen_2012n-p4-027.jpg

よし、やり直そ。

 | HOME |  次へ »

プロフィール

QueenRinka

Author:QueenRinka
名前 凛伽
年齢 30代

過去いくつかのクラブに所属し、現在フリーで活動中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

~私のお店~ NIRVANA

ママ子のお店 AVANTI

SM女王様データベース

SMFOCUS

縄屋

SMの森

SMの森88x31

SMBOOK

風俗店情報

SMパラダイス

SM動画と女王様

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

バナー

60px×45px


60×40

120px×90px


banner120×90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。